読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FFIV(ファイナルファンタジー4)プレイ感想。

今話題のスーパーファミコンソフト、ファイナルファンタジーIVを完全クリアしたので感想を書く。


まず驚かされたのはサウンド。
同時発音数8の16bit音源。

オーケストラばりのリアルすぎる音に度肝をぬかれた。
「ピコピコ」の時代は終わったのかもしれない。


グラフィックもファミコン時代から大幅に改善された。
回転、縮小、拡大、といったスーパーファミコンの能力が余すこと無く生かされている。

セーブ機能も安定しており、さすがニューマシンといったところだ。

さて肝心のゲーム内容だが。

巷では「一本道でゲームとは言えない」などの声もある。
「映画を見たほうがマシだ」などの暴論?も。

果たしてそうか?

 

確かにゲームは一本道の側面がある。
ウルティマのような自由さは無いし、ウィザードリーのようなキャラメイキングの広がりも無い。

 

だが私にとっては「十分過ぎるほどにゲーム」だった。


たとえば戦闘時のActive Time Battle
常に時間が流れているため、今までのRPGのようにのんびりと作戦を立てているヒマは無い。
アクションと頭脳の両面が要求される。

このインタラクティブ体験はゲームでしか味わえない。

 

ストーリーも映画に引けを取らない。
カインの裏切りに驚き、パロム・ポロムの死に涙し、ローザとの恋のトキメキ・・・
ゴルベーザの正体を知ったときは、ショックの余りコントローラーを落としてしまった。


もはやゲームがゲームを超えたと言えよう。


マルチメディアという言葉は、陳腐な意味で使われることが多い。
殊にゲームにおいては安っぽいゲームという蔑称にもなるほどだ。


だがあえて私はこう宣言したい。

「FF4はマルチメディア時代の幕開けを象徴するソフトである」と。

ゲームと映画が融合し、まったく新しいジャンルが生まれた。
メディアを超越したこの「現象」は、歴史に残る出来事と言っても過言ではない。