読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真姫の笑顔。



覚えてるかな?
君がアイドルを目指すと言ったとき、僕は少し困惑したよね。
だって君は、嘘をつけない女性だから。
君は、偽りの笑顔を作れない。だからアイドルは無理だと、僕は言った。







すると君はこう言ったよね。

「確かにそうね。私は無理に笑えない。でも、秘策があるわ」

「秘策?」







君はいたずら少年のようにこう答えた。

「歌ってる最中、ずっとあなたのことを考えるの。あなたのブサイクな顔を思い浮かべれば、イヤでも笑っちゃうわ」

「それはどうかなぁ?超イケメンの僕で笑えるのかい?」

「はぁ?鏡を見てから言いなさいよ」

君のあきれ顔。
僕にだけ見せてくれる、特別な表情のうちの一つだよね。








すると君は急に真顔になって、僕を見つめてきた。
僕が戸惑っていると、君は、何かを振り絞るように、こう言ってきた。

「歌っている最中は・・・あなたの・・・あなたのことしか考えない・・・。私が笑う方法は、これしかないの。あなたの笑顔が、私の笑顔を作るの。だから・・・応援してください。私が歌ってるときは、いつでも必ず、そばにいてください」

僕は、思わず君を抱きしめた。
君の身体は震えていた。

僕は誓ったんだ。
君の孤独も不安も、全て分かち合うことを。
君の笑顔を、一生支えることを。






あれから随分、時がたったね。
西木野真姫は、もう僕だけのものではない。
多くの人に愛される、立派なアイドルになった。

だけどね、真姫。
君への想いは、日々強くなってるよ。
君がいつも、僕のそばにいてくれるから。

これからも、真姫の笑顔をずっと応援するからね。

ありがとう。